村山です!今年も行ってまいりました!

2017 長崎五島国際トライアスロン大会 バラモンキング

今年のバラモンキングの申し込みは、あっという間に定員オーバーで、1〜2日悩んでしまった方はエントリーできなかったようですね。
昨今のトライアスロンの人気の加熱ぶりに驚くばかりです!

そんな訳で、ZING²からオーナーの岩井と、わたくし村山に2名体制でバラモンキング・オフィシャルメカニックとして大会に参加した模様をご紹介したいと思います。

 

9日金曜日の朝5時過ぎに久留米を出発し、長崎港からフェリーにのって福江を目指します!
IMG_32162

梅雨時期の開催にもかかわらず、私し村山が行くようになってからは毎年天候に恵まれやはり私は晴れ男のようです(笑)

 

フェリーから降りると会場までは5分もかかりません、宿泊施設も近隣に多くあり大きな大会なのに非常にコンパクトにまとまっています。
レースのフィニッシュ会場も実はこのフェリーターミナルの中なんです。

受付会場に着くと、販売ブースの準備からメカニックブースの設営を急ピッチで進めていきます。

IMG_1527

お昼のメカニックブースオープンと同時にたくさんのバイクが次々とメンテナンスに持ち込まれます。

IMG_1559

メカニックサービスは、岩井と村山のみならず、地元長崎のショップや遠くは関東のプロショップからも来ていて、参加者数1100名のバイクを総勢7名体制でサポートしていきます。

IMG_1576
そしてご存知トライアスロンバイクブランド「CEEPO」
CEEPOライダーは、こちらでもメカニックサービスを受けられます。
IMG_1623

金曜から土曜の車検〜預託まで、会場でのメカニックサービスは続きますが、土曜日の終盤には、車検で再チェックになったバイクの整備に手を焼きます。
そういうバイクはやはり普段からメンテナンスをしっかりしていない物だったり、大会に来てもメカニックサービスを利用していない物がほとんどで、限ってとても厄介なものが多く、バイク預託の締め切り時間ギリギリまで死闘を繰り広げます(汗)!

 

IMG_1732

本番当日もバイクトランジションエリアでは、まさかのバイクトラブルが続出します!
多いのはパンクですが、スタート直前にチューブラータイヤを張り替えたりとスタートするまで気が抜けません!

 

IMG_1755

スイムスタートを見届けたら、岩井と村山はバイクコースの中間付近にあるバイクコース本部に向かいます!

IMG_2265

本部での仕事はバイクコース内を巡回するメカニックサービスカーに、マーシャル等からバイクトラブルの連絡を受け、近くを走ってるサービスカーを急行させます!

IMG_2262

もちろん本部にも、でもとんでもないトラブルに見舞われたバイクの修理で押し寄せ、一時パニック状態になりましたが無事全てのバイクを再スタートさせる事ができました。

バイクの制限時間になれば、バイクメカニックサービスの仕事は終了です。

裏方として、競技をしていないといろんなものが目に映ります。
その中で何と言っても外せないのがボランティアのみなさん。

IMG_1784
スタート直前までしとしと小雨の降る中、笑顔で準備して下さってました。

IMG_1773
スイムでは海上の安全を見守って頂くライセーバーのみなさん。

 

道路上での安全確保には警察官のみなさん。

IMG_2069

チェーンの油で、足を真っ黒にして手伝ってくれた地元の学生のみなさん。

IMG_2442

他にも、各エイドのたくさんのボランティアの皆さんや、沿道で声を枯らして応援していただいてる地元みなさんの支えがあってに成り立っている事を実感せずにいられません。

バラモンキング、来年こそは!と思った方で不安な事がありましたら、ZING²の岩井、村山までご遠慮なくお尋ねください!
「はじめてのロングディスタンス」もしっかりサポートして行きます!

以上、村山でした!